Exit to Safety−デザインにできること展

2007年5月15日〜2007年6月3日

佐野恵子さん/Axis Gallery キュレーター

テキスト:

COMING SOON…

1次調査

年月日
2007年5月15日〜2007年6月3日
背景や目的
いつやってくるかわからない都市型大地震。知っていても何をしたらよいかわからないのが現状です。けれども非常時は、日常の延長線上に突然やってきます。本展は、災害の恐ろしさを伝える展覧会ではありません。一歩を踏み出し、デザインの視点から安全への出口を探す「クリエイティブ」な展覧会です。この大きなテーマの下、日々の生活のなかでデザインに何ができるのか? 分野の異なるデザイナー7組がその答えを追い求め、ワークショップを通して制作した作品などを展示、紹介します。
対象
国内外の人々
内容
企画:アクシスギャラリー、NPO法人プラス・アーツ 参加デザイナー:石井洋二、 今北 仁、忽那裕樹、中央アーキ、野老朝雄、古平正義、小泉 均 会場構成:忽那裕樹(ランドスケープデザイナー) 会場グラフィック:小泉 均
発起人・主催団体
主催:アクシスギャラリー、「地震EXPO」実行委員会(2007) 主催:神戸からの発信ネットワーク、神戸市(2010)
関係団体・パートナーなど
協力:神奈川大学工学部建築学科 曽我部研究室、株式会社光伸プランニング、株式会社三洋、ジャパンゴアテックス株式会社、大日通周辺地区まちづくりを考える会、株式会社竹尾、有限会社ティー・ステップス、東京都石油業協同組合、日本コカ・コーラ株式会社、日本サムスン株式会社、ハリウ コミュニケーションズ株式会社、阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター、フォトビションジャパン株式会社、プリメーラ株式会社、北淡震災記念公園、American Red Cross Bay Area Chapter、BankART1929、Croix-Rouge Francaise、株式会社NTTデータ関西、YKK株式会社、YKKファスニングプロダクツ販売株式会社、YKKスナップファスナー株式会社 他 (2007)
場所
AXIS GALLERY
所在地
東京都港区六本木5--17-1